年寄りのお節介
 2021年(令和2年)年3月/日常の生活
 
新しいメッセージアプリを便利に使っています<210330>
新聞の配達!丁寧な包装で複雑な心境です<210329>
スマホ利用者の多くがメッセージアプリの利用に動揺しているようで<210321>
「福島の方々に多大な負担、賠償のため原発利用必要」の記事に愕然<210311>
新しいメッセージアプリを便利に使っています
   
LINEの個人情報の保護対応が不備というニュースが流れてしばらく経ちます。
皆さまはどのように対応されたでしょうか。

LINEの利用度が高い人は気軽にアプリを変更できませんよね!
ところが、私の場合、スマホ自体の利用度が低いので気軽に移動できます。

で、知人の変更に伴って私もLINE以外のアプリに変えてしまいました。
新しいアプリの問題点をさがすのですが、未だに自分にとって支障がある箇所は見つかりません。

今後、LINEの個人情報の保護対応がどのように改善されるかわかりませんが、LINEに戻す必要性は無さそうです。


気軽にメッセージを交換するメッセージアプリです。
固有名詞や今後の予定などは書かないようにしていますが・・・

メッセージアプリは、やはり必要ですよね!
<210330>
新聞の配達!丁寧な包装で複雑な心境です
   
昨日は夕方から春の嵐でした。
雨に強風が伴って、ガラス窓を打ち付けていました。

朝起きて窓の外を見ると、昨夜とは打って変わって晴天です。
見上げた空には雲が見当たりません。

郵便ポストから新聞を取り出しました。
早朝まで横殴りの雨が降っていたようです。雨で新聞を覆っているビニールから水滴が落ちました。

当然のように新聞紙本体が濡れないように薄いビニールに覆われていました。
部屋に戻って、ビニールを剥がそうとすると、・・・

その新聞紙は3枚のビニール袋に入っていました。
3枚のビニールに覆われた新聞を受け取ったのは初めてのことです。

新聞紙は、まったく濡れていませんでした。
とても丁寧な扱いに感謝です。

ですが、一方で地球温暖化が進んでいると言われています。
廃プラの地球規模の減少は必要です。

新聞紙がまったく濡れてない新聞販売店の丁寧な対応には感謝です。
ですが、以前は新聞紙が濡れていたことがありましたよね!

以前、私が育った田舎では、新聞の朝刊が翌日届きました。
特に僻地という訳ではありませんが、それでも新聞が届いたことの有難さを感じていたものでした。

翌日配達の朝刊でしたが、それでもありがたく新聞を読んでいました。
で、隅から隅まで読んだことを思い出しました。

時代が進み、便利で親切な対応と思いますが、今日の環境を考えると少し複雑な心境です。

でも、新聞販売店にすれば・・・
新聞が濡れているからと文句を言う読者への対策でもあるわけです。
<210329>
スマホ利用者の多くがメッセージアプリの利用に動揺しているようで
   
スマホ利用者の多くがメッセージアプリの利用に動揺しているようです。

私はSNSやメッセージアプリをあまり使っていないから少々鈍感なのかも・・
でも、新聞を見てびっくりです。

政府まで動き出し、総務省や関連する組織ではLINEの利用をやめるとか・・・
便利に利用できるLINEですが、個人情報の保護対応に疑義が生じているようです。

で、私の知人もそうですが、LINEから別のメッセージアプリに乗り換えると伝えてきました。
交信は双方が同じメッセージアプリをダウンロードしなければ利用できませんので、早速新しいメッセージアプリをダウンロードしました。

知人は、別の知人との交信にもLINEから撤退したと言っています。

新聞によると、個人情報が漏洩したとは伝えていませんが、なぜか今回は敏感な反応です。
SNSを頻繁に利用している個人情報に鈍感な人たちでさえ、LINEのこのニュースで乗り換えをしていると聞きます。

個人情報保護対応の不備は、ヤフーとLINEの統合作業において判明したことのようですが、これからの情報に注視したいと思います。
<210321>
「福島の方々に多大な負担、賠償のため原発利用必要」の記事に愕然
  令和3年3月11日(木曜日)
10年目の3・11です。
多くの犠牲者・被災者を出し、多くの被害を各地にもたらしました。

3・11の日、私は一般道を車で走行していました。
そのときは信号待ちで渋滞していて、のろのろ運転していました。

突然の揺れにびっくりし、一瞬ブレーキを踏みました。
電線や看板などを見ると大きく揺れています。
看板などが落ちてきたら困ると思い、少しセンター寄りを静かに自宅まで走ってきました。

自宅に着き、早速家の中に入り何か落ちているものが無いか確認をしました。
幸い落ちたものは無さそうです。

テレビを付けました。
すると、空からの映像は、家屋を流し、倒壊させながら市街地に押し寄せる津波を映し出していました。

翌日の新聞では各地の被害を伝えていましたが、日が経つにつれ被害が思っていた以上に甚大であることが伝えられています。

その日から10年、・・・
まだまだ被災地の復興が終わっていませんが、東北の人たちの力強さを知らされています。

3月10日、東京電力HD社長のインタビューが朝日新聞に掲載されていました。
タイトルは、「福島の方々に多大な負担、賠償のため原発利用必要」と・・・

この記事のタイトルを見て愕然としました。
後始末が終わっていないのに、また汚染水の問題もあるのに、・・・さらにはいまだに避難している人がいるのに、原子力発電にこだわっている東京電力の姿勢にがっかりしました。

原発は国策+民間事業です。
ですから、多くの税金が投入され、さらには後始末の多くも税金で賄われています。
そして汚染水も増えるばかりです。

このような状況の中で相変わらず原発にこだわっている政府や産業界には驚きすら感じます。

一旦事故が起きてしまうと後始末が困難な原発です。
そろそろ原発と「さよなら」してもよさそうなものですが、・・・犠牲者が泣いています。
<210311>